シルバーウィークということで八月に実家に帰れなかったので帰省をしました。

都内では野菜が高いのでほとんど買わないのですが実家の家庭菜園に野菜がけっこうなっているので不摂生をしてる身体にはちょうどいいと、野菜尽くしの食卓にしています。

しかし今の時期はだいたい収穫時期が終えてしまったので忘れたようになっているゴーヤやピーマン、おくらくらいだったのですが、裏庭に行くととんがり頭を地面から一センチほど出したミョウガが大量に生えていました。普段スーパーで見かけるミョウガが地面から生えているのを見るのは初めてだったのですがとりあえず親と一緒に収穫してみるとザルに三杯ぶんくらい収穫できました。

スーパーでは三個で百六十円くらいだったので金額にすると四千円分くらいとれたのですが、さすがに食べきれないので近所に配ったり昼にミョウガの天ぷら、かき揚げ、薬味にしてそばを食べました。

収穫したてのミョウガは苦みが強くなくそのまま、かじってもさっぱりして美味しく食べられました。しかし、なぜこんなに裏庭にミョウガが生っているのか母に聞いたところ三年前に他界した祖母が植えていたということです。

生前は東京に行っても野菜はしっかり食べろと言って実家に帰った時には野菜のたくさん入った料理を作ってくれた祖母ですが、その祖母が残してくれたミョウガを食べるたびに今でも見守られているような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です