“秋晴れが続いたこの前の休日、家族で芋ほりに行ってきました。
近所のお馴染みのスーパーの、顧客サービス企画で応募し、当選したイベントです。

当日朝から、子供たちはテンションが高く、芋掘りを楽しみにしている様子です。
軍手に長靴、それぞれにシャベルを持ち、集合場所へ。
参加者は30組ほどいて、やはり私たちみたいな家族づれや、シニアのご夫婦で
賑わっていました。

最初に、参加者全員で芋のつるを刈り取りました。
このつるも、キンピラにすると大変おいしいとのことで、帰りに頂いていくことにしました。

主催者の挨拶が終わり、合図とともに、みんなで一斉に掘り起します。
小さな赤ちゃんをおんぶしたお父さんも、妊婦さんなのか、お腹の大きなお母さんも、
みんな一生懸命掘っています。

つるの狩りあとを頼りに穴を掘っていくと、やがて赤い皮のお芋の頭がでてきました。
子供たちは一生懸命、シャベルで傷つけないように、まわりを丁寧に掘って掘って、
30センチくらいの深さまで掘ると、赤い皮の大きなお芋が収穫できました。

子供はとても嬉しそう。お芋は太く、子供の両手からもはみ出す大きさです。
参加人数が多かったので、収穫量はそれほどありませんでしたが、
帰ってから早速ふかし芋にしてみると、初めて自分で掘ったお芋の味は、子供には格別だったようです。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です