とはいっても、和楽器って名取料で食っているのがほとんどで、覚えるのが早い人や、やっていた人なら上達は速いと思います。
だから気にせず、28万くらいの紅木の三味線を買うべきだと自分でかんがえました。

まあ迷ってはいますけどね。金額によりけりといった所でしょうか。
所で、糸巻きの所、あれは象牙にした方がいいですよ。
紅木でも沢山種類はありますが、結構見られるのが、あの糸巻きの部分が白か黒かです。
アクリルだと、先生によっては教えてくれない場合もありますので、そこと、一応先生によっては、いきなり上の皮を使うのはどうかという人もいます。
先生は名前の看板と本部との関係でやっていますから、全部一律の部分があるにせよ、結局、個人経営なのですね。

趣味でやるなら左利き三味線、専業なら右利きという事ですよね。

メタルのように超絶速弾きをやるなら、左に慣れてしまったのなら、確実に左利きでしょう。自分は速弾きだけにはやたら自信があります。イングウェイマムルスティンレベルまで出来ますけど、まあ三味線には余り関係ありませんし、目的ですよね。

母が起きたらしいですね。色々とお疲れの様です。

実際、和楽器って流行ってない部分もありますから難しいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です